合宿免許の料金の支払い

合宿免許は、自宅からドライビングスクールに通学するときよりも、かなり時間を短縮しながら卒業まで至ることができるプランであるとして評判ですが、学科教習や技能教習といった、自動車を運転するためにかならず学ぶべきことを省略しているのではありません。
学科教習や技能教習は毎日しっかりとカリキュラムとして組み込まれていますが、あらかじめ日程が決まっているために、予約待ちなどもなく、効率的に受講ができるというところにポイントがあるのです。

そのようなことから、自宅通学も合宿免許も、教習代金そのものは、本来であれば変わりがないはずですし、それに加えて、ドライビングスクールの近くにあるホテルや旅館などで集団の合宿をしながらとなりますので、宿泊料金や食事代などがよけいにかかるはずです。
それでもトータルとしての合宿免許の料金がそれほど高くならないというのは、一度にまとまった人数を受け入れるために、料金が団体扱の割引になっているというところが大きいといえます。



しかし、そうはいっても、合宿免許の料金というのは、安くても20万円は下りませんし、高いところでは40万円台ということもあります。



料金の支払いは、基本的には合宿免許がはじまる前の指定された期日をめやすとして、銀行などから振り込みをすることになっています。



もしも料金が高すぎて一度に支払うのがむずかしいという場合には、たとえばドライビングスクールと提携しているローンを利用して、月払いにしてもらうという手もあります。